時計修理 ベルト部分

お客様からブランドの時計をお預かりしました。

時計とベルトの部分が外れてしまって使えないとのこと。

この時計のベルト、実は複雑な構造になっていまして。。

まるで、からくりの様~

側面から2本のピンを入れる構造になっているため、ステンレスの丸棒を切って加工しました。

顕微鏡を見ながら微調整。

側面から入れた2本のピンは真ん中のネジをしめて拡がるため、留まるようになっていたのですが。。実はネジの先が折れていました。

ネジも再度調整しました。

試行錯誤しましたが完成!! よかったぁ~。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です